ダイエットを続けるためのコツ

ダイエットを続けるためのコツ

ダイエットってなかなか続かないですよね…
いつの間にかダイエットしなくなってダイエットは失敗のまま…

なぜ太るのはラクなのに、痩せるのはこんなに難しいでしょうか(*_*)
私もダイエットに成功したい!

というわけで、ダイエットを続けるためのコツについて調べることにしました。

なぜダイエットを諦めるのか?

ダイエットを諦めた人
そもそもなぜダイエットを諦めてしまうのでしょうか…
せっかく決意したのに…

その理由として以下のことが考えられます。

  1. ダイエットに飽きるから
  2. 体重の変化があまりないから
  3. 誘惑に負けるから

では1つずつ解説していきます。

ダイエットに飽きるから

ダイエットを諦める理由1つ目はダイエットに飽きるからです。
ダイエットをする方で多いダイエット方法は

  1. 毎朝スムージ
  2. 毎食サラダ

などの毎日同じことをする方が多いかと思います。
さすがに毎日同じ味だと飽きてしまいますよね…

バリエーションがあれば続けられるかもしれませんが、
飽きてしまって自然とダイエットをしなくなる方が多いです。

また食事だけでなく以下の行為も同じです。

  1. 運動をする
  2. ジムに通う
  3. マッサージをする

上記を毎日同じことをすることでめんどくさくなり、
自然とダイエットを諦めてしまいます…

今日はやらなくていっか…
と1回諦めてしまうと、長く続いてしまうんですよね…

体重の変化があまりないから

ダイエットを諦める理由2つ目は体重の変化があまりないからです。

ダイエットをしているのに体重の変化があまりないと、
ダイエットのやる気もダウンします。

頑張ってダイエットをしているのに、
自分が思っているほど痩せなかったらショックですよね…

その反動からダイエットを放棄してしまう方が多いようです。

誘惑に負けるから

ダイエットを諦める理由3つ目は誘惑に負けるからです。
これは多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか?

食事制限のダイエットをしているのに、
お菓子を食べてしまったり…

食欲に勝つには相当な意思が必要になります。

また運動毎日している方だと、
睡魔に勝てなくて運動を放棄してしまったりする方もいるのでは??

ダイエットには誘惑がたくさんあるので、
誘惑に負けてダイエットを諦めてしまった方も多いはずです。

ダイエットを続けるためのコツは?

ダイエットを続けるためのコツ
ではここでダイエットを続けるためのコツを調べてみましょう。
ダイエットを続けるためのコツを知れば、
私もダイエットを続けられるようになるはずです。

調べてみると、以下のコツでダイエットに成功した方が多いようです。

  1. 毎日体重計に乗る
  2. 無理なダイエットをしない
  3. ゆっくり痩せるようにする

では1つずつ理由を説明します。

毎日体重計に乗る

ダイエットをする時は毎日体重計に乗ると良いです。
毎日の体重をメモすることで、
自分の体重を管理しやすくなります。

メモに残すことで自然とダイエットが続けやすくなるそうです。

毎日体重をチェックすることが大事なんですね。

無理なダイエットをしない

また無理なダイエットをしないことです。

無理なダイエットをすると逆に、
「食べたい、食べたい」と食欲が勝ってしまいます。

そんな強い食欲に勝てれば良い話ですが、それがなかなかできないんですよね(笑)
無理なダイエットをすると肌にもよくないので、
しないほうが良いと思います。

無理なダイエットをするとイライラも増しますし、
健康にも良くないので辞めたほうが良いです。

ゆっくり痩せるようにする

そしてゆっくり痩せるようにするとダイエットが続けやすくなります。
「早く痩せたい」と思えば思うほど、ダイエットに対して敏感になり、
逆にダイエットが続かないんです…

また早く痩せようと頑張って痩せたとしても、
リバウンドしやすい体になっています。

リバウンド防止のためにも、ゆっくり痩せると良いです。
痩せたのにそれ以上に太ってはダイエットをした意味がなくなりますからね…

早く痩せようとしてもダイエットに失敗しやすくなってしまいます。

続けやすいダイエット方法

続けやすいダイエット方法
ダイエットを続けるコツを知ったので、
そこで続けやすいダイエット方法について調べました。

ダイエット方法というのはたくさんありますが、
中でも気軽にできる3つのダイエット方法をまとめます。

  1. 食べ順ダイエット
  2. 睡眠ダイエット
  3. 12時間以内ダイエット

一体どんなダイエット方法なのか…
こちらをご覧ください。

食べ順ダイエット

食べ順ダイエットは名前の通りですが、食べる順番を変えるダイエット方法です。
食べる順番を変えるだけで痩せるのか?って思いますよね(笑)

結局食べる量は変わらないのに…

しかし食べる順番を変えることによって、
消費量が変わるそうです。

ちなみに効率的な食べ順はこちらです。

  1. 野菜
  2. 肉、魚などのメイン料理、汁物
  3. ごはん

食べ順ダイエットのポイントは、
野菜を先に食べて、最後に炭水化物を食べることです。

そうすることで血糖値の上昇を抑制できます。
血糖値の上昇を抑制すると、太りにくい体作りができます。

通常の方はごはんなどの炭水化物から食べ始める人が多いのではないでしょうか?
炭水化物から食べてしまうと、血糖値の急上昇により、血糖の調整が追いつかなくなります。

すると炭水化物に含まれているブドウ糖が脂肪として蓄えられ太りやすくなるんです。

野菜を先に食べ、ごはんを最後に食べると
血糖値が急上昇しないので、脂肪がつきにくく安心です。

また最後にご飯を食べるので、その頃にお腹が満腹になるように、
何回も噛むと良いみたいです。

すると炭水化物を自然とカットできます。
お腹がいっぱいで食べれなかったとしても食べれないイライラはないですからね!

睡眠ダイエット

また睡眠ダイエットも良いです。
睡眠をするだけで痩せるって!?

実は睡眠をしっかり摂ると、脂肪が燃え痩せやすくなるんだとか!

睡眠中に脂肪分解作用がある成長ホルモンが分泌されるので、
しっかり寝ることが痩せるには大事です。

ちなみに1日あたり約300kcal消費するんだとか。
しかし寝不足だとその分カロリー消費も少なくなります。

理想は7時間睡眠のようです。
寝るだけのダイエットなので気軽に始められますね。

まさか寝不足=太りやすいだったなんて…

12時間以内ダイエット

そして最近注目されているのが12時間以内ダイエットです。

これは起きて12時間以内に1日全ての食事を済ませるというダイエット方法です。
それだけなので毎日3食食べても良いですし、運動も必要ないんだとか!

また自分の起きた時間から12時間がスタートするので、
自分のペースに合わせられます。

「18時以降は何も食べない」というダイエット方法もありますが、
仕事や用事が終わるタイミングはバラバラです。

しかし12時間以内ダイエットなら、7時に起きた人なら夕食を19時までに済まし、
10時に起きた人なら22時までに食事を済ませばOKです!

それだけでなぜ痩せるのかというと、
起床後12時間以内は食べたものを消費しやすい状態なんだとか!

なので12時間以内なら食べても太りにくい時間なんです。

ちなみに12時間以内ダイエットで効率良く痩せるポイントがあるので、
そちらもお教えします。

それは朝、昼食は分量を多めにし、夕食は控えめにすることです。
朝、昼食は多く食べても消費時間が長いので、食べたものを消費します。

また仕事をしている人であれば、
自然と体が動いている時間帯なので効率が良いです。

ダイエットを諦めそうになったときは…?

ダイエットを諦めたくない人
万が一、上記のダイエット方法をしても、
ダイエットを諦めそうになったときの方法を調べました。

ご褒美Dayを作る

ダイエットを諦めそうになったときはご褒美Dayを作ると良いと思います。

ご褒美Dayの日だけ、好きな食べ物を食べ、ダイエットによるストレスを発散します。
気分もリフレッシュして良いです。

また次のご褒美Dayのためにダイエット頑張るぞ!
とやる気にもなるのでオススメです。

しかしご褒美Dayばかりだと、ダイエットにはなりません。
理想は2週間に1回程度です。

食べ量もいくらご褒美Dayだからと言って、高カロリーな食事ばかりは控えたほうが良いです。
夕食だけを好きな食べ物にする!や、
ご褒美Dayだけケーキを食べれる!などの1つだけのご褒美にしましょう。

痩せた自分を想像する

ダイエットを諦めそうになったときは最終痩せた時の自分を想像すると良いです。
痩せたらこんなことをしたい!など
希望があるとダイエットにもやる気が出てきます。

逆に自分が太った想像をしても良いです。
そうすると、「痩せなきゃ!」とダイエットスイッチがオンになるのでオススメです。

以上ダイエットを続けるためのコツでした。
皆さんもぜひ参考にして、ダイエット成功しましょう。

メディソックスナイト

ダイエットインナー

メディソックスナイトを履いてもむくみは取れない?口コミを徹底調査して分かった秘密とは?

私は立ち仕事をしているので、毎日むくみがひどいです… 最近雑誌の広告で【メディソックスナイト】を見つけたのですが、 メディソックスナイトを履けば本当にむくみが取れますか?? 着圧レギンスのようなんですが、 着圧レギンスってメディ...